オープン戦 vs東京ヤクルトスワローズ 福井エースになってくれ!

今日は神宮球場でヤクルト戦とのオープン戦。

先週は相手ピッチャーに手も足も出ず1-6で負けましたが、今日はリベンジと言わんばかりの大量8点を奪い8-1で快勝しました。

新井選手のホームランも見れましたし、久々にスッキリとした勝ち方でした。

先発は福井投手。
ここまでオープン戦で失点せず、順調な仕上がりを見せていますが、今日も失点こそしましたが、5回以外は、ぼぼ完璧な投球で強力ヤクルト打線を封じて見せました。

しかも6回を無四球で終えたのは良かったですね。
今年は一皮も二皮も剥けた福井投手が期待できる内容でした。

エースが居なくなったら新しいエースが誕生するのが最近のカープです。
黒田選手がFAした時も前田選手が次の年出てきましたし、立場こそ違いますが、今回は福井投手にエースになってもらいましょう。

福井投手の後を受けた、オスカル、ジャクソン、今村投手の中継ぎ陣は今日もナイスピッチング!!
毎回書いていますが、投手陣は良いですね。
シーズンに入れば問題も出てくると思いますが、無理な使い方さえしなければ、それなりに安定した成績を残してくれると思います。

そして、久々に打線が繋がり8点を奪った打撃陣ですが、安部選手、西川選手が今日も活躍を見せました。
安部選手は2点タイムリーと押出し四球。
西川選手は満塁のチャンスで2点タイムリーと結果を出しました。

西川選手は日に日に成長が見られ、レギュラーで使ってもおもしろい存在になってきましたね。
まだまだ線の細さが目立ちますが、選球眼も良さそうですし、打席での落ち着きはルーキーとは思えないくらいです。

この2人の活躍には緒方監督も嬉しい悩みとなりそうですね。

良い勝ち方をしたカープですが、相変わらず盗塁は成功しませんね。
田中選手、丸選手が盗塁を試みましたが失敗。
相手が警戒してないとはいえ、唯一成功したのがエルドレッド選手でした。

このままではシーズンに入っても改善することはないでしょうね。
盗塁しないわけにはいかないので、シーズンでは盗塁を最小限に抑えるしかなさそうですね。
機動力野球の封印が今のカープにとっては最善の策かもしれません。

それにしてもオープン戦での成功率の低さは、何か根本的に問題がありそうですけど素人には分かりませんね。

そして、今日は今季から加わった新ルールのブロック禁止ルールが初めて適用されました。

2回に會澤選手のヒットでホームをを狙う松山選手と相手キャッチャーがホームで交錯。
一時はアウトと宣告されましたが、緒方監督の抗議によりビデオ判定になり、結果キャッチャーが走路を封じたとして得点が認められました。

スロー映像を見ると、キャッチャーがブロックしてるのが良く分かりました。
しかし微妙な判定ゆえビデオ判定が必要なこともあり、選手は待たされることが増えそうですね。
特にピッチャーからすれば間が開くのは嫌でしょう。

今日もプレー再開後、ヤクルト先発の館山投手は安部選手にタイムリーを打たれましたし、ある程度アンパイアがその場で判断してもらいたいですね。

どっちにしろビデオ判定になりそうですけど・・・



0コメント

  • 1000 / 1000