オープン戦 vs横浜DeNAベイスターズ 主力を脅かす選手たち

昨日、今日とベイスターズとのオープン戦は2連勝。

昨日は、9回に野間選手のサヨナラタイムリーで勝ち、今日は6回にプライディー選手の逆転ホームランで、開幕戦で対戦するベイスターズに2連勝。

最近のオープン戦で勝ててなかっただけに、オープン戦といえどもちょっと安心しました。
オープン戦で負けすぎるのもあまり良くないみたいですからね。

昨日の先発はジョンソン投手。
開幕戦のピッチャーに指名され、その開幕戦の相手に文句なしのピッチング。
この試合は制球も安定し、三振を6つ取るなどいつ開幕してもいい状態ですね。
開幕戦も同じように抑えてくれることを期待しましょう。

サヨナラヒットを打った、野間選手も良い当たりではなかったものの、良いアピールになりました。
外野の1席を争う選手が最近結果が出てなかったですからね。

そして福山市で行われた、今日の試合の先発は黒田投手。

6回を2失点と前回登板と同様、結果自体はあまり良くありませんでしたが、開幕に合わせてくるでしょう。
黒田投手に関しては心配してもしょうがないですね。

その後は、ご当地選手の江草投手、中田投手、今村投手で無失点リレー。
最終回、今村投手が同点のピンチを作りましたが土生選手のバックホームで何とか勝ちました。

ピッチャーに関しては、オープン戦でも大崩れすることなく、ずっと安定してますね。
特に中継ぎ投手はやってくれそうな選手が多く、今の所、安心して見ていられますね。

そして、奮起を期待したい打撃陣ですが、モスコーソ投手相手に得点できず。
今日のスタメンは新井、エルドレッド、ルナ、菊池といった選手は出場しなかったとはいえ、5回でヒット2本と昨日に引き続き低調な内容になりました。

しかし、代わりに出場した、安部選手、西川選手のバッティングは見事でしたね。

特に6回の西川選手のバッティングはセンスの塊といったバッティングでした。
ドラフトでは、守備の評価の方が高かったですが、バッティングも見所がありますね。
伸びしろもまだまだありそうです。

安部選手も4打席立って、タイムリーを含む2安打と四球と送りバント。
すべての打席で仕事をしました。
解説の達川さんも仰ってましたが、セカンドの守備もかなりレベルが高いです。
本職のショートではここ数年ミスが目立ってしまっていましたが、セカンドの守備力の高さには驚きました。

この2選手には菊池選手、田中選手のポジションを奪う位の活躍に期待したいですね。
特に菊池選手は去年のような成績では、守備がいくら良くても全試合スタメンは厳しいでしょう。

田中選手にしても、西川選手はショートが本職ですし、肩も西川選手の方が強く、守備力では遜色ないと思います。
どっちが打てるかが勝負ですね。

今のカープにとって、菊池、田中の2選手は欠かすことのできない選手ですが、競争はさせてほしいですね。
我慢して使う時期は過ぎたと思います。

菊池選手、田中選手を脅かす選手として、安部選手、西川選手にまだまだ活躍してもらいましょう。

 

0コメント

  • 1000 / 1000