J1 第3節 vs湘南ベルマーレ

またしても初勝利はお預け・・・

前半は縦への意識が高く、ウタカ選手のゲームメイクも冴えていましたが、やっぱり周りと合いませんでしたね。
何度かウタカ選手が裏へのパスを試みるものの決定機には繋がらず。

サイド攻撃も試合全体を通して良かったと思いますが、ピンポイントに合わせないと今のサンフレッチェではゴールに繋がる気配は全く感じられません。

特に今日の試合は、前半の戦い方に課題を持っているのか、それとも前半の内に得点をなんとか取りたいと思っていたのか飛ばしましたね。

前半に失点をしないことより、先制点にこだわって試合に入ったように見えました。

後半早々にパウリーニョ選手に素晴らしいミドルシュートを決められ 、またしても追う展開になってしまいました。
この失点に関してはしょうがないですね。
相手が上手かった。

寄せの甘さや、林選手の反応の遅さも気になりましたが・・・

後半22分には微妙な判定のPKで同点に追いつきましたが、すぐに逆転されてしまいます。

ミキッチ選手がボールを奪われ失点。
ミキッチ選手のミスですが、その後の守備の切り替えが遅れましたね。

後ろの人数は揃っていましたが、藤田選手のマークに付ききれていませんでした。

しかし後半アディショナルタイムに浅野選手のシュートを相手選手がオウンゴールで奇跡的にドローで試合終了。
運だけはありますね。

しかし今日の試合も前半を見る限り勝てると楽観視して見てたんですけどね。
相変わらずシュートが酷い、枠にすら飛ばない状態です。

寿人選手やシャドーの選手から得点の匂いが相変わらず感じられません。
後半はウタカ選手が寿人選手に代わりトップに入りましたが、それにより決定的なシャドーから決定的なパスが出なくなってしまいました。

柴崎選手はプレー自体は安定していますが、無難なプレーが多く、相手を崩す決定的なパスは少ない印象です。
それは今年に限らず、去年もそうでした。
ドリブルで突破するような選手でもないので、いまのチーム状態では悪いところばかり目立ってしまいますね。
シャドーにフォワードタイプの選手が居れば柴崎選手の安定したプレーは魅力的なんですけどね。
取り敢えずシュートを何とかしてもらいたいです。

今日も先発した宮原選手は守備で相変わらずいい潰しを見せ、ずっとスタメンでも行けそうなプレーを見せてくれくれました。
まだビルドアップの部分で課題はありますが、今年はできるだけスタメンで使ってもらいたい選手ですね。
森崎和幸選手と併用も考えてもいいんじゃないでしょうか。
しかし、青山選手の代わりができる選手ではないので、今年も青山選手に掛かる負担は大きくなりそうですね。

今更こんなことを言ってもしょうがないですが、川辺選手と宮原選手のボランチも見たかったですね。

あと守備に関してはそんなに悪いとも思わないですが、結果2点取られていますからね。
昨年よりはボールを奪いに行くシーンも増えましたし、取られ方さえ注意すれば問題ないんですが。
最近の試合を見ていると、ボールを持っている選手に対するサポートが少ないような気がします。

ディフェンスラインでのボール回しの時もそうですが、攻撃の時もボールを持った選手の周りの動きは鈍いような感じがします。
ボールを持った選手の判断が迷うシーン多く、中途半端な攻撃や、持ちすぎて奪われてのカウンターが去年に比べて明らかに増えましたね。
特にバイタルエリア付近では多いです。

これではサイド攻撃以外に得点するのは難しいですね。
攻撃の引き出しが少ないサンフレッチェがこの先この問題を解決できるかは不透明です。
選手の個の能力に頼る他ありません。

これで3試合白星なし。

この先、森保監督はどういった戦術で戦っていきますかね?
このままでいくのか?
選手を入れ替えるのか?
でも、守備を固めてカウンター頼りの試合は見たくありませんね。

森保監督の引き出しはどれくらいあるのか?注目したいですね。



0コメント

  • 1000 / 1000