オープン戦 vs東京ヤクルトスワローズ 打線の奮起が必要

今日は13時から、マツダスタジアムでヤクルトとのオープン戦。

1-6で負けてしまいました。

先発は対外試合で結果を残し続け、先発ローテ入りが期待されるルーキー横山投手。

立ち上がり、1回2回とフォアボールを出しますが後続を抑え無失点。
山田選手やバレンティン選手を空振り三振に取るなど素晴らしい立ち上がりでした。

しかし、2巡目に入る3回に捕まります。
2アウトから3連打され1失点してしまいます。

ボークでリズムが崩れたのか?ヤクルト打線がうまく修正してきたのか?
変化球を狙われて、しっかり捉えられていましたね。

4回には更に3点を取られ、結果4回を4失点という結果でした。
予定では5回まで投げる予定でしたが、球数も増えたということで降板しました。

プロに入って、ここまで打ち込まれたのは初めてですが、いい経験になったでしょうね。
2回まで良いピッチングを見せましたが、2巡目に入ったヤクルト打線の修正力、集中力は敵ながらアッパレですね。

変化球中心の投球で、同じような攻め方をすればヤクルト打線には通用しませんね。
ヤクルトは、明らかに変化球を狙ってきてましたし、それをしっかり捉えることができる選手が多いです。
選球眼も良く、ボール球をなかなか振ってくれないため横山投手もピッチングが苦しくなってしまいました。

後を受けた小野投手は5回表を三者凡退。
小野投手は地味に安定感あるピッチングを続けていますね。

6回からは予定通りルーキー岡田投手が登板。
しかし、いきなりフォアボールでランナーを出すと、ランナー2塁の場面で牽制悪送球。
カバーに入った、菊池選手が更に3塁に悪送球でノーヒットで失点してしまいました。

牽制悪送球は田中選手のカバーが遅れたのも要因ですが、連携面をまだまだ深める必要がありますね。

7回にはまたフォアボールからタイムリーを打たれ失点。

結果4回を2失点でした。

今日は制球が安定しませんでした。
ストレートの球速はそれなりに出ていましたが、変化球のキレ、精度が悪かったですね。
決め球もなくヤクルト打線に粘られ、横山投手同様、球数も増えてしまいました。

今日は結果を残せませんでしたが、2人とも今の時期にヤクルトと対戦できて良かったですね。
下手に結果を残すよりも、ヤクルトの強力打線と対戦し打たれることにより課題がより鮮明になってきたのではないでしょうか?

特に感じたことは2人ともストレートに自身を持って投げ切れないことですね。

横山投手は多彩な変化球に頼りすぎ、結果甘くなった変化球を狙われて崩されました。
立ち上がりは素晴らしいストレートを投げていましたが、後半は変化球でかわそうとしすぎましたね。
キャッチャーのリードかもしれませんが、ストレートで勝負する場面も見たかったですね。

岡田投手もストレートに力があるにも関わらずかわす勝負どころで、かわすピッチングをしてしまいました。
もっと低めのストレートで力で押し切るピッチングを見たかったですね。

2人とも、次の登板では修正していいピッチングが見せてくれるでしょう。

問題は打線です。
相手ピッチャーの小川、山中投手にいいようにやられすぎです。

昨シーズンのVTRをみてるかのような凡退。
毎回同じピッチャーにいいようにやられるのは勘弁してほしい。

小川投手には毎年やられていますが、カープの選手はなぜか苦手意識を持っていないらしいです。
チャンスだけは作れるからそう思っているのか?

今日も3回にノーアウトから石原、野間、田中の3連打で1得点しますが、その後のチャンスは活かしきれませんでした。
これも毎年のように見る光景ですが結局、勝負所では小川投手に抑えられています。

この回の菊池選手の三球三振は酷すぎましたね。
あまりにも雑なバッティングでした。

チャンスだけ作るが、なかなか得点に結びつきません。
小川投手は、今年もチャンスに弱いカープ打線だと感じたでしょうね。

去年完封された山中投手に対してはランナーすら出せませんでした。

打てないなら打てないなりに工夫が欲しいところですが、ただアッサリと凡退を繰り返しました。
打線の粘りがまったく見えませんね。

今年もこの2投手にやられ続けるんでしょうか?
カープは同じ投手にあまりにもやられすぎです。

秋季キャンプから打線強化を掲げやってきました。
今年こそは生まれ変わった打線を見せてもらいたいんですがね・・・

改めてヤクルト打線とのチーム、個人の力の差を感じてしまいました。
このままでは差は広まる一方です。



Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000