U−23日本代表 3戦全勝で決勝トーナメントへ

リオ五輪アジア最終予選、昨日のサウジアラビア戦2-1で勝利しました。

この試合もメンバーを大幅に入れ替え、フィールドプレイヤーはこの大会全員出場したことになります。
サウジアラビアは予選突破をかけた試合になりましたが、日本代表は試合をうまくコントロールしていましたね。

前半はサウジアラビアは左サイドからの攻撃が目立ちました。
対峙した松原選手は右膝故障から復帰間もないこともあり本調子じゃなかったですね。
相手の10番に裏をかなりとられました。
攻撃参加もなかなか見られませんでしたね。

日本代表は試合が進むにつれて相手の攻撃に慣れてきて、怖さは感じませんでした。
中盤では特に井手口選手の活躍が目立ちましたね。
スピードも展開力もありますし、激しくプレッシャーをかけディフェンス面での貢献も高かったですね。

サウジアラビアは正直、北朝鮮やタイよりも弱っかったですね。
もっと強いチームだと思ってたのですがね。
いまいち迫力が感じられませんでした。

前半大島選手の素晴らしいミドルで先制し、後半は井手口選手のゴール。
井手口選手のゴールは南野選手の動きが見事でした。
ドリブルで相手を引き付けながらのパス。
あれで決まりましたね。

日本代表は試合を重ねるにつれて良くなってきましたね。
昨日の試合では落ち着きがみられました。
見ていて危なげない試合運びだったと感じました。

新しく入った選手も良かった選手、悪かった選手もちろん居ましたが、試合に出ることにより
次の試合では改善されていくことでしょう。
誰が出ても一定のクオリティを見せることができるチームだと思います。

そして我らがサンフレッチェの浅野選手。
後半途中からの出場でしたが結果を出して欲しかったですね。
チャンスはありました。
前の2試合とは違い、良いボールも供給されていましたがゴールできず・・・
ゴールを決めたい想いは伝わってきましたが、空回りしてましたね。
次の試合に期待するしかありませんが、FWとして結果を出してほしいです。

そして、この試合で一番言いたいこと。

この試合も不可解な判定でPKを取られました。
3試合を共に、審判の判定は理解できない点が多いですね。
下手くそを通り越して何か裏があるんじゃないかと思ってしまいます。

アジアの審判のレベルが一向に上ってこないです。
この大会で改めて感じました。
審判のレベルも上がってこなければプレーしている選手のレベルも上がりません。

ACLでも日本勢は注意したほうがいいかもしれませんね。
毎年、明らかに日本のチームに不利な笛が吹かれています。
AFCも、もういい加減なんとかしてほしいです。

次は準々決勝、イラン戦。
オリンピック出場するには、絶対に負けられません。
次の試合負ければ終わります。

この年代はアジアのベスト8でことごとく敗れているみたいですが、そんなことは言ってられません。
あと2試合勝てばリオ五輪出場が決定します。

こういったプレッシャーの中で躍動する日本代表に期待しています。



Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000