サンフレッチェ初のベスト4!

クラブW杯準々決勝 サンフレッチェ広島 vs. マゼンベ

クラブW杯準々決勝、アフリカ王者マゼンベ戦。
サンフレッチェ3-0で勝ちました!
前回出場した大会では、アフリカ王者に敗れましたが、今回見事勝利。
終わってみれば快勝でした。

前半は相手のスピードなどに戸惑いなかなか攻撃の形が作れませんでした。
Jリーグのチーム相手ではなかなか経験できないスピードがありましたね。
ちょっと、焦ってボールを回してる印象を受けました。
特にミキッチはかなり焦ってました。サイドでボールを受けてもスピードに優る相手にまったく突破を許してもらえませんでした。
耐える時間が長く続きましたが、体を張った守備でゴールを許しませんでした。
そして、前半44分、コーナーキックから塩谷のゴール。
佐々木の素晴らしいフリックからのゴール。中では3人の選手がフリーでした。

後半はサンフレッチェは相手のスピードに慣れてきたのか、非常に落ち着いた試合運びをみせました。
攻撃の形がだんだん見えてきました。
特に、佐藤寿人!
彼のポストプレーは冴えに冴えまくっていました。
しっかり、ボールが収まり、佐藤寿人選手を起点にサンフレッチェのサイド攻撃がハマり出しましたね。
ミキッチも前半ような焦りもなく再三サイドをえっぐてました。
左サイドの柏もキレキレでしたね。
そして、後半11分またしてもコーナーキックから千葉選手のヘッドで2点目。
茶島選手のキックも良かったですね。
そして、佐藤寿人選手に代わって入った浅野選手のゴールが後半33分。
ミキッチのクロスからでした。
浅野選手は仕事しますねー。家族の前でのゴールさすがの一言。
3点目が決まってからは、サンフレッチェは余裕のパス回しで時間をうまく使っていきました。
体を張った守備で1点も許さず試合終了。
初のベスト4進出を決めました。

今日の試合を見ていてサンフレッチェはタフなチームになったなと関心しました。
前半よく耐えました。引いて守るだけではなく、ボランチの青山、森崎和の効果的なプレスが地味ながらも効いていました。
そして最後の守り。
塩谷、佐々木、千葉がゴールに鍵をかけてました。
特に佐々木は今日の試合のMVPと言ってもいい位の活躍でした。
1点目のアシストもありましたが、守備で身体能力を発揮し競り合いでまったく負けてませんでした。
ほんと広島に来てくれて、ありがとう。

そして次は準決勝、名門リーベル・プレート戦。
今年、スルガ銀行カップでガンバ大阪と対戦したらしいですが、ガンバは全く歯がたたなかったそうです。
かなりの強豪相手ですが勝ってバルサとの試合を見たい!

16日、長居スタジアムでキックオフです。

Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000