ありがとう、マエケン

ついに、この時が来た。

毎日新聞より
プロ野球・広島は4日、前田健太投手(27)の来季米大リーグへの移籍を容認することを明らかにした。ポスティングシステム(入札制度)を利用して移籍を目指す。4日、前田健太投手(27)の来季米大リーグへの移籍を容認することを明らかにした。ポスティングシステム(入札制度)を利用して移籍を目指す。

広島の鈴木清明球団本部長は「前田選手のこれまでの貢献、制度環境、ファンの思いなど総合的に検討した結果、ポスティングによりメジャーの移籍を試みることが前田選手にとっても球団にとっても一番よいと判断をした」と話した。

2年前から将来的な大リーグ挑戦の希望を表明していた前田投手は先月24日、来季の大リーグ移籍を球団に要望。前田投手が海外フリーエージェント(FA)権を取得するのは早くても2017年だが、来季には国内FA権の取得が見込まれるため、球団側は金銭的見返りの大きいポスティングシステムでの米移籍を認めたとみられる。



わかっていたことだが、これでいよいよ黒田には残ってもらわないと困る。
昨年並みのパフォーマンスができなくたってまったく構わない。精神的な支柱になってくれるだけでもいいのだ。
そういった投手はカープには黒田以外、存在しないのだ。

Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000