情報収集術、生産性を高めるには

ブログをやることになり、どのように情報収集術を高め、それをアウトプットしていけばいいか調べてみた。

生産性を上げるには効果的な問題を見つけることで可能となる。

問題や本質を考える
   それを細分化し、流れを構成する
   それらを証明するために必要なことを考える
   検証する
   文章としてまとめる

知的生産術の基本スタンス
 1.自分のスタイルは「情報活用の目的」「立ち位置」「期待される役割」で決まる
 2.「情報活用の目的」は「意思決定の補助」「アイデアの元」「コミュニケーション手段」に分けられる
 3.「コミュニケーション手段」は相手を説得したい/共感してほしい/ただ情報を得たいといったこと

・目的というフィルターで情報を選別する。
・自分はどこで勝負すべきかを見なおしてみる。
・頭の中に仮想の引き出しを作り、人が面白そうだなと思うネーミングをする
・情報はあくまで「手段」

少ない時間で必要な情報を手に入れるには「何を目的とした情報活用なのか」を明確にすること
 1 意思決定の助けにになる情報
 2 アイデアの元になる情報
 3 コミュニケーションも手段としての情報

・情報収集=フットワークであり、人脈に過ぎない
 情報発信=高度な芸の世界だが、あくまで芸に過ぎない

・情報化時代には情報収集と整理では勝負がつかない。そのためにアウトプットで勝負をする必要がある。
・本当に重要なら、頭に残るはずであり、忘れてしまったことは、自分にとって大した情報ではなかったのだ、という割り切りである
・少ないインプットで、高いアウトプットを実現するか?
・情報のアウトプットにて差別化するため、自分のスタイルを確立する。
・目的をもって情報に接する
・自分の立ち位置を明確にする。
・期待役割を意識する。

つらつらと挙げてみたけど実践できるかどうか?
アウトプットはできるだけシンプルにする。わかってはいてもなかなか難しい。
そのためには、問題の定義を突き詰めて考えていく必要がありますよね。あらゆる選択肢はひとつの手段にすぎなくて、
まず問題を言葉にして表現し、それに対してどのようなアプローチをすることが重要ですね。
自分は得た情報をどれだけ、取り込み、活用しているのか。自分は、情報を得て何を生み出せているのか振り返ったほうがいいかもしれません。
情報を集めたり、整理するだけで何か生産した気分になってしまうことがよくありがちですしね。

Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000