まだまだ試練は続く J1 第3節 vs.サガン鳥栖

アウェー鳥栖戦は0-1の敗戦。

難しい試合になると予想していましたが、ここまで得点力が低下してしまってはどうしようもないですね。


戦前の予想通り、柴崎がスタメン復帰し、更に稲垣に代えて丸谷を起用して守備よりも攻撃を意識した布陣だったのでしょうが、前の2試合よりも少しマシになったくらいの内容でした。


丸谷が入ったことにより、チーム全体の展開力も上がりボールも回るようになっていましたが、丸谷、青山のダブルボランチは特徴が似ているだけに同時起用は合わないように思います。

展開力はあるがスピードがなく、守備に不安が残るダブルボランチは今シーズンサンフレッチェが目指すサッカーに対応しきれないと思います。

だからこそ稲垣を獲得したんだと思っていましたが、見切りをつけるのが早すぎましたね。

パフォーマンスの上がらないフェリペに関しては我慢強く起用してるだけに、前節PKを与えてしまった稲垣をスタメン起用しなかったことは懲罰に値する行為だったと思いますし、あまり良いやり方と言えませんね。


丸谷が退場してからは一気呵成に鳥栖ゴールを襲い、良い攻撃が何度か見られましたが、鳥栖も1点を守りに入っていましたし、ある程度鳥栖に自由にやらせてもらったからこそ生まれた攻撃だったと思います。


あの流れるような攻撃を前後半、試合の状況に関わらず見せることができれば、プレーする選手も、観客も更に楽しめる面白いサッカーになるんですけどね。

実際に無駄なバックパスも減り、前への意識は強くなりつつありますし、そこは継続してやり続けてもらいたいですね。


青山のパフォーマンスも上がってきましたし、途中出場したロペスもいい働きを見せていました。

柴崎も怪我でキャンプをろくに送れずシーズンに入りましたが、久々のスタメン出場でらしさは見せました。


徐々に怪我人も復帰してきていますが、塩谷以外のディフェンスの選手も衰えてきていますし、ミキッチも限界が見えつつあります。

サイドの選手も人材不足、ディフェンスの選手もバックアップは野上だけという状況です。


若手を起用するのも手ですが、単純に選手が不足してますし、フォーメーションの変更も視野に入れつつ、今シーズンやりくりしないといけませんね。

柴崎を含めたボランチの人選を考えてもらいたいですし、人材豊富のシャドーの組み合わせも色々と試さないといけなくなりました。


3試合終わって未勝利の問題だらけのサンフレッチェですが、少しつづチーム戦術が浸透しつつあります。

長年に渡って染み付いたサッカーを捨てて、新しいサッカーにチャレンジするのはリスクを伴うことですが、これからのサンフレッチェにとってはこれが最善の道だと思います。


今日の試合を次節に活かして、リーグ戦初勝利を早くみたいですね。

0コメント

  • 1000 / 1000