大瀬良1軍合流、ルーキーと開幕ローテ争いへ

キャンプ中に脇腹の違和感で離脱していた大瀬良が1軍に復帰したようですね。

昨日、2軍戦に登板し3回を無失点に抑え、順調な回復を見せているようですし、満を持しての1軍合流になります。


過去2シーズンは中継ぎとしてやってきましたが、やはり大瀬良は先発で頑張ってもらいたい。


大瀬良は開幕ローテを争う立場ですが、ジョンソン、野村、岡田は確定。

九里も他の候補の中では一番結果を残し、ローテ入りはほぼ確実。

ヘーゲンズも先週末のオープン戦で4回をパーフェクトに抑え、先発で起用するとすればローテは確定でしょうね。


実質あと一席となった開幕ローテ争いですが、加藤、床田のルーキーコンビとの争いになりそうです。

加藤のストレートは魅力的ですし、床田に関しては左投手ということが首脳陣にしてみれば魅力的なのかもしれません。


一方、大瀬良は二桁勝利の実績もあり、中継ぎの経験も豊富です。


その3人を首脳陣がどう起用するのか?

何にせよオープン戦の結果次第ですが、大瀬良をローテに入れて、加藤、床田を中継ぎで起用するのもありなのかもしれませんね。


加藤も先発で見てみたいところですが、少し中継ぎを経験させてもいいでしょうし、床田は中継ぎではなく、2軍で先発させながら育ててもいいと思います。

ここまでそれなりの結果を残しているルーキーコンビですが、いきなり戦力として計算に入れず、下でじっくり育ててもいいでしょう。


徐々に先発ローテも固まりつつあります。

ヘーゲンズの起用法次第ではこの中から2人が開幕ローテ入りするかもしれませんが、大瀬良、加藤、床田がこれからのオープン戦でどんなピッチングをして、首脳陣にどんなアピールができるのか注目です。


今シーズン、カープのキーマンになりえる3投手だと思います。

Total Life Hiroshima

カープ、サンフレッチェ、広島のことや気になることなど。

0コメント

  • 1000 / 1000