負けて当然の試合 J1 第26節 vs. サガン鳥栖

今日行われたサガン鳥栖戦は0-1で負けました。

負けたこと自体はしょうがないかもしれませんが、そもそも今日の試合勝とうとする意識そのものがあったのか疑問です。


0-0の状況でも時間稼ぎしているのかと錯覚するくらいダラダラプレーし、無駄に人数をかけた守備し、攻撃への意識が薄かったように思えました。

金崎、トーレスといった攻撃陣をケアすることは重要ですが、必要以上に手堅く守りを固める必要はなかったですね。


セットプレーで失点してからは焦ったように攻撃的になっても何の意味もありません。

相変わらず城福監督は采配を振るうことなく、勝っていようが負けていようがテンプレ交代を実行するだけではチームとしても何の進歩もありません。


今日の試合展開でもテンプレ交代を実行したのはさすがに呆れました。

ベンチ入りメンバーも工夫したほうがいいんじゃないでしょうか。


結局パトリックと柏の個人技に頼るだけで、その2人が不調だったらお手上げ状態です。

パトリックの相方となるFWはガムシャラに走り回るだけで評価されるんですから情けなくなりますね。


パトリックも毎試合のようにフル出場し、何から何まで一人でこなし続けるのも限界があります。

いい加減新たな選手にスタメンのチャンスを与えるなり、ベンチ入りさせるなり、試合の途中からでもフォーメーション変えるなり、ちゃんと采配を振るわないといけません。


特に今日の試合は何か変化を加えないと勝ち点3は奪えなかったでしょうね。


しかし、あのまま引き分けたとしても勿体無い試合になっていましたし、負けたことで監督、選手の意識が変わるのであれば、今日の負けが収穫となるでしょう。


引き分けたところで監督、選手も勝ち点1を奪ったことを評価していたでしょう。


競争も何も無くなりつつあり、毎試合録画を見せられているように感じることも多いですが、これが今の選手の限界なのかもしれませんし、監督の限界なのかもしれません。


久々に見ていてイライラしてしました。

0コメント

  • 1000 / 1000