【広7-3阪】相手の自滅に助けられマジック3

最近勝てていなかった阪神相手に逆転勝利し、マジックは3に減りました。


今日も雨でグラウンドがぬかるんでいる中での試合となり、両チームやりにくそうにしていましたが、カープにとってはそれが功を奏し、相手の自滅に助けられました。

投打ともにピリッとしない試合が続き、今日も先発の野村が試合を作れず、打線も序盤はイマイチ勢いに乗れるような雰囲気はありませんでしたね。


5回のノーアウト満塁の場面でも、田中の犠牲フライと菊池の内野ゴロでの得点の2点のみで終わり、今日の試合も負けそうな感じでした。


しかし、ピッチャーが能見に代わった7回四球2つとワイルドピッチが重なり、能見から代わった桑原を攻め、鈴木誠也の同点タイムリー、そして相手のタイムリーエラーも重なり逆転。


8回は新井のタイムリーなどもあり点差を広げ、結果的には快勝となりましたが、阪神の自滅に助けられたラッキーな勝利でした。


シーズン終盤は内容よりも結果だとは思いますが、今日も相手先発ピッチャーに力負けした打線。

雨で投げにくい状況だとはいえ、全く試合を作れない野村のピッチングには危機感を持っといたほうが良さそうです。


阪神のミスがなければあのまま負けていた試合でしたし、選手個々のモチベーション低下が気になりますね。


昨日、今日と雨の中で無理やり試合を決行しましたが、怪我人が出なかったことだけは救いでしたね。

明日は晴れるようなので思い切ったプレーも多く見られるかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000