城福は監督か?置物か? J1 第27節 vs. FC東京

今日ホームで行われたFC東京戦は1-1の引き分けとなりました。

前半はサンフレッチェペースで進み、パトリックの泥臭いゴールで先制、後半は一転FC東京ペースで進み、後半早々に同点に追いつかれそのまま試合は終了しました。


今日の試合選手は良く頑張りました。

こんなチームが首位にいるのが不思議だと思えるほど最低のパフォーマンスでしたが、選手は最後まで走り続けファイトしてくれたと思います。


執拗なファールアピールなど醜いことをしてまでも勝ちに行く執念はアッパレです。

どんなに酷いパフォーマンスをしてもレギュラーを剥奪される恐れもなく、毎試合同じ選手でやってるのにも関わらずコンビネーションが深まらなくても何の問題もないようです。


問題なのは城福監督ですね。

正直監督なのかただの置物なのか分からなくなってきましたが、今日の試合結果は全ての監督の責任です。


明らかにパフォーマンスが落ちている選手達を固定し、選手交代まで固定。

同士である池田フィジカルコーチの有能さをアピールしたいのか、単純に引き出しが少ないのか分かりませんが、ここまで思考停止しているとは思いもしませんでした。


毎試合のように攻撃のことよりも守備、無失点を意識しているようですが、前半戦とは選手のコンディションも違いますし、いつまでも前半戦の栄光にしがみついているのでしょうか。


今日の試合は拮抗した良い試合のように見えたかもしれませんが、チーム状態がどん底のFC東京に城福監督自慢の守備はチンチンにされ、攻撃はいつもの戦術パトリックのみ。

相手のフィニッシュ精度のなさに助けられただけで、川崎戦同様に酷い有様でした。


それでも前節鳥栖戦のような無気力な試合ではなく、選手は前半から積極的にプレーし下手なりにチャンレンジし、プロとは思えないようなミスも連発しましたが、あれが彼らなりの精一杯のプレーだったと思います。


前節の反省を活かし精一杯のプレーを見せてくれた選手に引き替え、城福監督は自分の采配を反省せず、分析するこなく試合を迎えているんじゃないでしょうか。

徐々にチーム状態が悪くなっていたことを現実として受け止めず、川崎にここまで追い詰められる原因を作ったのはすべて城福監督です。


川崎の強さはサンフレッチェとは違い本物で、川崎に首位を明け渡すのは余程のことがない限り時間の問題でしょう。


優勝は難しい状況かもしれませんが、それでも去年のことを考えれば十分すぎるくらいにチームを立て直してくれたと思います。

2位だろうが3位だろうが、残り試合すべて負けたとしてもそれは誇ってもいいことです。


だからこそ城福監督には選手と同じように守りに入らずチャレンジしてくれることを期待したいです。

今のままでは今シーズンの収穫は残留したことだけで、来年以降城福サンフレッチェに期待することは難しくなるでしょう。


いい加減采配を振るう城福監督を見せてもらいたいですね。


0コメント

  • 1000 / 1000