城福は変わらない J1 第28節 vs. ガンバ大阪

アウェーで行われた、ガンバ大阪戦は0-1で負けました。

もうしょうもなさすぎて怒る気にもならない試合でしたが、前節同様、選手はよく頑張りました。


前半の攻守に渡ったアグレッシブな動きで試合を支配し、幾度もなくチャンスを迎えましたが、あの時間帯にゴールを奪えなかったことが最後まで響いた形となりました。


戦術パトリックから脱却しようとする姿勢も見られ、久々のスタメン出場となったティーラシンも途中出場の時よりもアグレッシブさが増し、軽快な動きでらしさを見せてくれました。


後半は最近の悪いサンフレッチェを象徴するような戦いぶりで、ズルズルとラインを下げブロックを作るだけの守備でガンバ大阪に終始ゲームを支配されました。

唯一の頼みの綱パトリックも深い位置まで戻り、守備に回らないといけない時間も多くなり、あれでは攻撃に掛ける体力もなくなってしまいます。


2人、3人掛かりでもなかなかボールを奪えないことも多く、チームとしては戦えていましたが、個の部分でガンバ大阪の選手に見劣りしていました。


しかし、今更個の弱さを指摘しても意味はなく、選手はコンディションが整っていないのにも関わらず、最後までよく走り続け、体を張り続けてくれたと思います。


毎度のことですが、問題は城福監督です。今日の試合城福監督は勝ち点3を諦めていました。

勝利を掴むことよりも負けないことを選んだと断言できます。


今日の試合引き分けたとしても、毎度お馴染みの「価値のある勝ち点1」だったとコメントしていたことでしょう。


引き分けも許されない、絶対に勝たないといけない試合。

選手に疲労の色が明らかに見えているのにも関わらず、失点するまで選手交代することもなく、試合を動かす勇気すらありませんでした。


城福監督からしてみれば、控えの選手が使えないのが悪いのかもしれませんが、コンディションの悪い選手を使い、尚且試合で疲労している選手に全てを委ねるのは卑怯としか言いようがありません。

正直言って胸糞悪いです。


下手に選手を代えて失点するよりも、レギュラー選手をフル出場させたほうが無難だと思っているのでしょう。


選手にはチャンレンジすることを求めながら、自分は何一つチャレンジしない城福監督の姿勢はあまりにも醜いです。

リーグ戦で控え選手にチャンスを与えることなく、上手く行っているメンバーを固定するだけでチームが上手く回るはずがないのは誰でも分かることです。


今まで城福監督自身が監督として失敗を重ねてきた経験が、今シーズンのサンフレッチェに還元されていると思っていましたが、結局また失敗を重ねるだけのようですね。


このまま終わっても監督として最高の成績を残すことになると思いますが、賞金は別として、今シーズンやってきたことが将来のサンフレッチェの財産になることはないでしょう。


結局城福監督は自分の立場を守りたいだけなのかもしれません。



0コメント

  • 1000 / 1000