只々弱い J1 第30節 vs. 清水エスパルス

アウェー清水エスパルス戦は0-2の敗戦。

これで3連敗となり、3試合連続の無得点という悲惨な結果となりました。


夢も希望のないチームを応援するのは厳しいですね。

城福監督の力量にも底が見え、現在のレギュラー選手の能力ではこれが精一杯の戦いでしょう。


城福監督には悪い流れを止められる術は全くなく、いつも通り戦うことしか出来ないようです。

だからこそ今まで何度も失敗を繰り返してきたのでしょう。


川辺をスタメンに抜擢したことは評価したいとこですが、お気に入りの工藤を2試合連続でスタメン起用し、前節と同じ失敗を繰り返しました。

なぜ全く機能していない工藤に何度もチャンスを与えるのか分かりませんが、もうどうでもいいことです。


優勝なんてずっと前から無理だと分かっていたことですし、シーズン終了までお気に入りの選手を起用してください。


選手は今日も最後まで走り続け、ファイトしてくれたと思いますが、雑なパスが多くミスが目立ちました。

毎回同じことを言っていますが、ずっと同じメンバーでやっているのにろくなパスワークすらできず、コンビネーションはほぼ皆無でした。


一人で打開出来る選手はパトリック、柏くらいで、他の選手は全ての面で技術不足。

個の力どうこうではなく、単純に下手くそなんですよね。


これまでは走力でカバーすることが出来ていましたが、ここまで技術不足だともう誤魔化しはききません。

特にパス、トラップの下手さはプロと思えないほどで、ちょっとプレッシャーをかけられるとテンパるのは勘弁してほしいです。


控えの選手も今更スタメンで起用されたところで、今日の川辺のように周りと合わず何も出来ずに終わるだけでしょう。


こうなることはずっと前から感じていたことですが、ここまで酷くなるとは城福監督流石です。


0コメント

  • 1000 / 1000