【2018年ドラフト会議】残り物に福があった!4球団競合の末、小園海斗の交渉権獲得!

1年で一番楽しみと言っていい、プロ野球ドラフト会議が今日開かれました。


昨年中村を中日との競合の末獲得しましたが、今年も競合から逃げることなく、大阪桐蔭の根尾と並ぶ高校生ナンバーワン内野手、報徳学園の小園を4球団競合の末交渉権を獲得することが出来ました。


抽選は今シーズン成績下位のチームから引くため、今シーズン優勝のカープは最後の残り1枚のカードを引くことになりましたが、結果的には残り物に福がありましたね。

大瀬良を田村スカウトが引き当てて以来、中々クジ運が上がっているように感じます。


しかも4球団競合の末クジを引き当てたのは球団初ということで、球団の歴史を塗り替え続けている最近のカープの勢いそのままにドラフトでもいい流れが来ました。


今年のドラフトは高校生野手の評価が非常に高く、各球団例年にないくらいに高校生野手を上位で指名していましたね。

そんな中でも小園はオリックス、横浜、ソフトバンク、カープという4球団から1位に指名される逸材というのは楽しみです。


カープが交渉権を獲得した時の笑顔は印象的で、走攻守三拍子揃った小園海斗選手にはカープを背負って立つ選手になってもらいたいですね。

特に守備が得意なようで、強肩に自信を持っているようですね。


田中広輔も今の成績ではレギュラーの座を失うのは時間の問題だと思いますし、今まで以上に下からの突き上げが欲しいところでの田中にはない強肩を持っている小園指名は絶妙です。


2位以降は以下に続き、高校生中心の指名が目立ちました。


2位 九州共立大 投手 島内颯太郎

3位 智弁和歌山 内野手 林晃汰

4位 市立岐阜商業 内野手 中神拓都

5位 菰野高 投手 田中法彦

6位 亜細亜大学 外野手 正随優弥

7位 神村学園 内野手 羽月隆太郎


倒壊が深刻な投手陣ですが、即戦力投手は2位の島内くらいですね。

大瀬良の後輩になりますが、島内は大瀬良のピッチングフォームに似ているようで大瀬良のように先発として活躍してもらいたいところです。


3位には甲子園でも活躍した智弁和歌山の林を指名しました。

強打の3塁手で、まだまだ荒削りながらも左で長打を打てる選手を切望していたカープにとっては悪くないチョイスかもしれません。


4位以下も面白そうな選手が揃い、将来を見据えての指名のようですね。


今ドラフトは無理に大学、社会人の投手を取らなかったことは評価してもいいと思います。

それだけ今年は即戦力投手の人材が不足していたということかもしれませんし、無理に左投手に拘らなかったことも大いに評価出来ますね。


即戦力投手を取れず、来年以降投手のやりくりが心配されますが、2軍を見てみると投手以上に野手の小粒っぷりが目立つので、高校生野手を多く獲得したことが将来活きてくるかもしれません。


今回指名された選手が全て入団し、一人でも多く1年でも早く1軍に定着してもらいたいですね。


0コメント

  • 1000 / 1000