【広8-9ソ】打線の驚異的な粘りも届かず。菊池、丸が大ブレーキ

ヤフオクドームに舞台を移した日本シリーズ第3戦は8-9で敗れてしまいました。

残念な結果に終わってしまいましたが、最後まで手に汗握る展開で素晴らしい試合でしたね。


試合を振り返ると、先発の九里は試合を作れず、6回から登板した岡田が試合を壊してしまったのが勿体なかったですね。

九里の後を受けたヘルウェグが何とかピンチを火消したまでは良かったのですが、岡田があれだけ炎上したのは想定外だったかもしれません。


しかし、岡田はマツダスタジアムの登板でも少し怪しいピッチングをしていましたし、岡田の起用は結構ギャンブル的要素が高いのも事実です。

7回にホームランを打たれた中田にしても同じで、現状ではヘルウェグ、一岡、フランスア、中崎にどれだけいい場面で投げさせるかで勝敗が決まりそうですね。


CS、日本シリーズと、これまで投手陣が試合を作って非常に締まった試合が多かったですが、カープ投手陣の力を考えるとそうそう長続きもしません。

明日もソフトバンク打線に苦しめられそうですね。


打線は菊池、丸のブレーキが最後まであとを引きましたが、4番鈴木誠也と安部の2ホーマーなどで反撃をして最後まで諦めない姿勢を見せてくれました。

戦前の期待通り、下位打線が活発になってくれたことが大きかったですね。


會澤、野間もいい仕事をしてくれましたし、シーズンで見せたような粘りが生まれたのは下位打線の働きがあったからこそです。

しかし、菊池はいいとして、丸はあまりにも酷い状態です。


ろくに粘ることさえ出来ず、ソフトバンク投手陣に無抵抗に三振の山を築かれました。

丸は今シーズンホームラン数、四球数はキャリアハイを記録しました。


しかし、首位打者を狙える位置にいた打率に関してはそれほど伸びず、継続して調子を維持できない脆さも垣間見えました。


丸は好不調の波が大きい選手で、一度不調になると本調子に戻るまで時間がかかる選手ですが、まだシーズン終盤からの不調を引きずっているようですね。

シーズンで活躍した選手ほど「逆シリーズ男」になることが多いですが、丸もそうなりそうな雰囲気が漂っています。


ソフトバンクの柳田も調子を戻しつつあるようですし、強力ソフトバンク打線に対抗するには丸の力が不可欠です。

しっかりと今日の敗戦の責任を自覚し、明日以降に繋げてもらいたいですね。


ヤフオクドームに舞台を移しましたが、やはりマツダスタジアムでの戦いと違い、ソフトバンク打線も活発になってくると思っていましたし、明日以降も劣勢に立たされる場面が多くなるでしょう。

ここ3年のカープの短期決戦の傾向を見ると、一度負けるとそのまま無抵抗に連敗して終戦を迎えています。


今のカープは、短期決戦で一度失った流れを取り戻す経験をしておらず、今回も同じような結果になるかもしれません。

今日これだけの粘りを見せたから大丈夫だと楽観視も出来ませんし、明日はとにかく勝たないと厳しくなりそうですね。


まだ1勝1敗1分と五分になっただけとはいえ、経験の少ないカープは危機感を持ち、この1勝でソフトバンクが有利になったことを自覚しないと同じ失敗を繰り返すだけかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000