【広1-4ソ】また同じ過ちを繰り返すのか

日本シリーズ第3戦は1-4の敗戦。

打線が爆発した昨日の試合から一変、たった4安打1得点とソフトバンク投手陣にねじ伏せられましたね。


先発の野村も試合を作れず、5回途中3失点のピッチングで、ピンチを招いて降板しました。

九里に3番手を奪われた野村の奮起に期待しましたが、シーズンのピッチングそのままに不安定なマウンドだったのは非常に残念でした。


まあ正直なところ野村に関しては、ソフトバンク打線を抑えるのは厳しいと思っていたので想定内ではありましたが、打線がここまで抑えられるとどうしようもありませんね。


更にこのシリーズ初登板した今村も田中、菊池の守備に足を引っ張られ失点し、流れを完全に失ったカープが勝てる要素は何一つありませんでした。


打線は初回丸のヒットがタイムリーに繋がらなかったことが最後まで後を引いた感じでしたね。

絶不調の丸が第1打席でヒットを放ったことは今日の勝利に向けて光明かと思ったんですけどね。


結果的に丸はその後凡退を繰り返し、下位打線も今日は沈黙しました。

唯一4番鈴木誠也だけは一矢報いる2試合連続ホームランを放ちましたが、鈴木誠也一人の力ではどうしようもありません。


昨日の試合とは違い、全く見所なく無抵抗に負けてしまいましたが、焦りは禁物です。

もちろん危機感を持つことは重要ですが、ここまで来たら割り切って明日も負けることを想定したほうが得策だと思っていましたが、予告先発の大瀬良を見てガックリ来ました。


2連勝して4連敗という、2年前の日本シリーズと同じような流れで来ていますが、土曜日からのマツダスタジアムでの戦いに目を向けるべきでした。

2年前追い込まれたカープがした愚策、ジョンソンの中4日登板は今思い出してもしょうもない采配だと思っています。


前回も普段通りの野球をやると公言しながら、シーズンで中4日をほとんどしていなかったジョンソンを中4日で登板させ、ジョンソンは試合を作ってはくれましたが、早い回に降板し中継ぎが打たれ負けてしまいました。


前回の日本シリーズとは違い、それほど中継ぎも疲弊していませんが、本当に普段通りの野球をするのであれば焦って大瀬良を中4日で使うのは避けるべきでしたね。

負ける確率は高いですが、中村祐太を先発で起用し、打線の奮起に期待するほうが明らかに得策だと個人的には思います。


今更どうしようもありませんが、大瀬良を中4日で起用する判断をした時点でカープの日本シリーズ敗退は決まったようなものです。


崖っぷちに追い込まれたとしてもマツダスタジアムで巻き返すという自信がない証拠でもありますし、余裕がなくなった今のカープに期待することは出来ません。


この予想が外れることを願いますが、明日大瀬良で敗れるリスクを首脳陣は理解しているのでしょうか?


0コメント

  • 1000 / 1000