【NPB AWARDS 2018】2年連続で丸がセ・リーグMVP

今日プロ野球NPB AWARDS 2018が行われ、大方の予想通り丸が2年連続のセ・リーグMVPに選ばれました。

今シーズンはキャリアハイの成績を残し、昨シーズンに引き続き文句なしの受賞ですね。


当然このMVPはチームメイトやチーム関係者、家族の支えがあったからこそですが、2年連続で受賞というのは素晴らしい偉業です。

カープでは勿論初のことで、カープの歴史に残る偉業を達成したことになります。


しかし、これだけの偉業を達成した丸の動向にはそれ以上の関心を持っていることでしょう。

丸についてはFAのことであることないこと囁かれてしまっていますが、丸の決断を待つしかありません。


巨人、ロッテともにカープ以上の金銭面での条件を出し、なおかつFA宣言して残留するという可能性はかなり低い状況ですが、どちらせよ丸が信じる道を進んでもらいたいです。


カープにとってこれだけの野手がFAするのは金本、新井以来の大事件ですが、あの頃のカープとは状況も違いますし、4連覇は難しいかもしれませんが、移籍したらしたで新たな戦力の台頭を楽しみにすればいいと思います。


現状丸がいたらセ・リーグ4連覇を意識して戦えると思いますが、カープが日本一になるためには今の選手では厳しいというのも事実です。

個人的な見解としては、丸が今年以上の成績を来年以降は残せないと思いますし、今シーズンが丸にとってプロ人生のキャリアハイになるでしょう。


もちろん残留してくれれば丸の株も更に上がり、名実ともにカープの歴史に残る選手として語り継がれ、引退後の人生も安泰かもしれません。


昨シーズンのオフに複数年契約をせず誠意を見せなかったり、金銭面での上積みが見込めないカープ球団への不満もあると思います。

どちらにせよカープは金銭面、待遇面を含め全力で丸を引き止めてくれたと信じるしかありません。


お金に釣られて巨人に行った選手の末路も十分分かっているでしょうし、地元千葉に錦を飾るのもいいでしょう。


今週中にすべて明らかになりそうです。


0コメント

  • 1000 / 1000