野津田3シーズンぶりの復帰!宮原、馬渡は完全移籍

今日、野津田のレンタル復帰が正式に発表されましたね。

2016シーズン途中にアルビレックス新潟に移籍してから、清水エスパルス、ベガルタ仙台とレンタルを繰り替えしていましたが、ついに帰ってきます。


ここ2シーズン所属していたベガルタ仙台では中心選手として、まずまずの活躍も見せてくれていたところですし、昔とは違った野津田岳人を見せてくれることでしょう。


育成型クラブを自称するのであれば、ユース出身の選手が一人でも多く活躍する場を与えてもらいたいところです。

同じく広島出身でユース出身の宮原が名古屋グランパスへの完全移籍が発表されましたが、野津田はサンフレッチェを選んでくれたんですね。


宮原にしてもコメントから察するに、名古屋グランパスを選んだわけではなく、サンフレッチェ復帰を希望していたようですがそれも叶わず、サンフレッチェが放出した形となったようです。


口先では育成と言いながらも育成を放棄した監督を続投させ、ユースからトップへ這い上がった貴重なユース出身選手をないがしろする行為には憤りを感じます。


どういった経緯で完全移籍となったかは分かりませんが、こんなやり方を続けているフロントに不信感を抱く選手はいないのでしょうか。


昨シーズン終了後のヨンソン監督の不可解な辞任など、ベテラン選手にとっては居心地のいい、天国のような環境かもしれませんが、これからのサンフレッチェを担う選手にとっては地獄でしかありません。


来シーズン育成を重視するとは言っていますが、結局ACLに若手を起用するだけに終わるでしょう。

控え組中心のACLやカップ戦の出来だけで一個人を評価することに意味がないことに早く気付くべきです。


川崎フロンターレへ移籍した馬渡にも見切りをつけられ、今のサンフレッチェに何が残っているのでしょうか。


野津田のレンタル復帰は喜ばしいことですが、このままクラブが何の反省をしないままシーズンを迎えるのであれば、野津田にとってサンフレッチェ復帰は茨の道となることでしょう。


0コメント

  • 1000 / 1000