【サンフレッチェ広島】去る人、来る人、残る人

続々とサンフレッチェの選手の入れ替わりが激しくなってきました。


皆川が熊本へのレンタルから復帰。

千葉の名古屋グランパスへの完全移籍。

茶島はジェフへのレンタルが延長。

長沼は今シーズン岐阜へレンタルされていましたが、来シーズンからは愛媛へレンタル。

川村も愛媛へレンタル移籍。

増田は今シーズン長崎へレンタルされていましたが、来シーズンからは町田へレンタル。

工藤は山口へレンタル。


そして、待ちに待った新たな選手獲得は東京ヴェルディの広島出身、びんごユース出身の井林章が完全移籍。

更に清水エスパルスへ完全移籍した清水航平がレンタルでサンフレッチェに復帰するというサプライズもありました。


また、契約の更新情報も入ってきており、柏、野上、渡、中林、川辺、森島、東、松本が契約更新を済ませました。


絶対に残ってもらわないといけない選手が残留を決意してくれて安堵していますが、やはりムードメーカー千葉の名古屋への完全移籍は寂しいですね。


しかし、千葉にとっては名古屋への移籍はチャンスでもありますね。

サンフレッチェにとっては、衰えの見える千葉をレギュラーとして使っていくには厳しいと感じていたでしょうし、両者にとって有益な移籍となったのではないでしょうか。


4年で3度の優勝を果たした立役者でもある千葉の移籍が、サンフレッチェにどれほど影響を及ぼすかは分かりませんが、これまでピッチ内、ピッチ外で果たしてくれた功績には感謝しかありません。


工藤のレンタル移籍も致し方ない面も多く、サンフレッチェで活躍するビジョンは見えませんでした。

それだけに今シーズンあれだけチャンスを与えたのは勿体なかったと感じますし、今シーズンやってきたことは無駄で、来シーズンに活きてこないと再認識させられましたね。


新戦力の井林にはかなり期待をせずにはいられませんが、監督がどのようなサッカーをするか不透明な今、過度に期待しすぎるのはやめましょう。


清水にしてもある程度実力は把握していますし、チーム力を底上げするほどの補強ではありませんね。

レギュラー定着に挑戦する若手のサポート的な役割を果たしてくれればベストなのですが、どうなることやら。


まだまだ外国人選手の獲得の噂も入ってきており、本当の意味でのサプライズを期待するしかありません。


0コメント

  • 1000 / 1000